令和2年1月30日(木)14:40〜
日本大学生産工学部にて原口哲之理先生の博士論文公聴会に出席してきました.
原口先生とはここ数年パーソナルモビリティの研究ほか,何かと高頻度でお世話になっています.
また,今回が景山研究室からの最後の博士になるのかと思います.
公聴会は滞りなく,成功裡に終わりました.質疑では専門性が高いので私も参加させていただきました.

その後,恩師である景山一郎教授の研究室より,二輪車関係の計測器や車体などを移管していただく予定なので,運搬計画などのために視察です.
特に前後ホイール内蔵の6分力計はかなり貴重なもの.有効活用したいと思っています.
ほか,停止時に自立可能な改造済みのトリシティや前二輪のトライク,ファルコンなどもありますが,いろいろ状況の変化もあり,一旦保留です.
恩師の退官にむけた準備,寂しい気持ちになります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です