2019年度関西学自研第36回卒研発表会

3月22日(土)近畿大学 東大阪キャンパス 3号館にて
自動車技術会 関西支部 学生自動車研究会卒業研究発表会でした.
本研究室も例年通り卒業研究生が参加,研究発表を行いました.
本講演会,関西圏の自動車研究関連の研究室が参加しています.関西有数の大学,研究室に交じり以下の講演発表を行いました.

セッションS42 制御(1)にて
49 リスクポテンシャルドライバモデルを用いた自律走行車両の制御目標生成アルゴリズムの開発ー環境情報と運転行動データを用いたポテンシャルパラメータ推定ー
佐藤繁樹

50 AHP(階層分析法)においてリスクポテンシャル評価を用いた合流部意思決定アルゴリズムの開発
山中真之

51 超大型特殊トレーラのアクティブ操舵による走行軌跡制御を用いた運転支援に関する研究
浅見相馬

セッション S12 数値解析(2)にて
10 モータースポーツ環境でのタイヤ特性最適化CAE手法に関する研究
川北眞也

セッションS42 制御(2)にて
56 旋回リーン機構を有するパーソナルモビリティビークルの緊急回避性能評価
佐伯展宇
57 自動二輪車の運転行動計測用ライディングシミュレータの現実感向上に関する研究
佐藤祐介

これまで真剣に研究に励んできた証拠でしょう.良い発表をしようとかなり緊張していました.講演会後は全員懇親会にも参加, お互いを労いました.

とりあえず卒業研究に関する行事もこれで終了.あとは国家試験,就職,進学とそれぞれの準備に進んでいきます.お疲れさまでした.

シンポジウム「車両電動化と走行中給・充電で持続可能な社会へ」

 1月10日(金)東京工業大学 大岡山キャンパスにて,自動車技術会において学生時代から長年委員を務め昨年度から幹事をしている「車両特性デザイン部門委員会」の企画シンポジウム
「車両電動化と走行中給・充電で持続可能な社会へ」
に参加,そして司会を行ってきました.
 本委員会は当初は大型車両の運動性能に関する委員会でしたが,その後大型車メーカの再編などを得て独立して議論するのが困難になったとき,重機,農機,戦闘車両,新交通など広い意味でのVehicleを対象とした自動車技術会においても珍しい分野横断の特徴をもった委員会として継続しています.
 現在の電動化の流れは多様な本委員会の対象車両の共通課題ということで,ここ数年ワーキンググループで議論してきました.その中でシンポジウムとして広く公開したい議論構成で今回シンポジウム開催に至りました.

 電動化の流れは不可避ですが,そのエネルギの供給,蓄電手法それに加え,環境や経済が絡むといろいろ考えの違い出てきます.自動車の走行中給電には,まだ私が論理的に説得された取り組みがみられないので懐疑的です.しかしながら,様々なオプションで研究を進めるのは大事だと思っています.

今回,カーデザイナーの由良拓也氏によるFomula-Eの現状と将来の取り組みや防衛関係の講演が2件有ったり,スウェーデン交通局の方からのビデオ講演など,とても興味深く貴重な情報取集ができました.