2019年度修士論文公聴会

2020年2月10日(月)
大阪産業大学工学研究科,交通機械工学専攻,修士論文公聴会が開催されました.
我々,自動車性能・特性研究室から山口昌志が「既存道路交通流との調和を保証する自律走行車両の制御目標生成に関する研究」のテーマで審査を受けました.

緊張もあったり,Q&Aで説明したい知識がたくさんあるせいでしょうか,回答が発散傾向だったりと一瞬不安もありましたが,結果は(当然ですが)合格ということで一安心.
この日審査を受けた学生の中では一番内容も充実し,特に良かったのは自分の研究としての意識が高く,内容全般にわたり自信を持って発表をしていたことでした.

4月から彼は,大阪池田市の某自動車メーカーで活躍してくれることでしょう.

令和元年度(2019年度)卒業研究発表会(学内)

2020年2月7日(金)大阪産業大学,工学部交通機械工学科の卒研発表会でした.
我々自動車性能・特性研究室は第2室朝一番のセッション.長年なぜか指導教員が座長という,やりづらい進行で行いました.

201 自動二輪車ライダの運転行動計測用ライディングシミュレータの現実感向上に関する研究
岸岡 潤(Mitsuru KISHIOKA),佐藤 祐介 (Yusuke SATO)
      写真は逆↑↓
202 リーン機構を有するパーソナルモビリティビークルの緊急回避性能に関する研究
佐伯 展宇(Nobutaka SAEKI)

203 リスクポテンシャルドライバモデルを用いた自律走行車両の制御目標生成アルゴリズムの開発
  -環境情報と運転行動データを用いたポテンシャルパラメータ推定ー
  奥田 宗晃 (Muneaki OKUDA),佐藤 繁樹 (Shigeki SATO)

204 AHP(階層分析法)においてリスクポテンシャル評価を用いた合流部意思決定アルゴリズムの開発
山中 真之 (Masayuki YAMANAKA)

205 超大型特殊トレーラのアクティブ操舵による走行軌跡制御を用いた運転支援に関する研究
浅見 壮馬 (Souma ASAMI),水野 友尋(Tomohiro MIZUNO)

206 モータースポーツ走行環境でのタイヤ特性最適化CAE手法に関する研究-タイヤの温度依存性能を考慮したラップタイムシミュレーションー
  川北 眞也 (Masaya KAWAKITA),本郷 智仁 (Tomohito HONGO)

緊張でしょうか,ちょっと声が小さいのが気になりました...
2週間後は自動車技術会,関西学生自動車研究会で発表です.バージョンアップを図ってください.
ゼミ生もQ&Aに加わってくれました.

2019研究室忘年会!! 12/26

講義は今週まで,日中は講義と卒研ミーティング,大学院研究会(その間に卒研生買い出し)終了後,大学院生,卒研生,ゼミ生も揃い,夕方から忘年会始まりました!!鍋料理,たこ焼きなどを囲んで.

昨年盛り上がったので,引き続き今年も『ビンゴ大会!!』
今年も豪華賞品(例:小型ノートPC,ネックスピーカ,AIスピーカー,革ジャン,プラモデル,ヒーター,エンジンピストン?,などなど)

私は翌朝から東京出張にもかかわらず,『ビンゴぉ~!!』と叫びすぎて喉が枯れてます.

卒研,修論の追い上げはまだまだ年末年始も続きそうです...

KANEKO

第一回金子研究室ツーリング

11月17日(日),念願の金子研究室単車部発足!!
本年度の卒研生,奥田君の幹事により第一回ツーリングを開催しました.
天候に恵まれ,清々しい(むしろちょっと暑い)秋晴れの中,午前中に大学に集合して出発.バイク好き成宮先生もKTMDUKEで参加でした.


目的地はごくごく近場の針テラス(TRS).
まず手始めなので緩やかに...
今回小型車もいたことから,近場下道で安全運転のんびりツーリング.インカム所持者が多いのでLINEのグループ通話を利用しました(あまり実用的じゃなかったですが...)

針テラス(TRS)はバイカーのメッカ.台数だけでなくレアもの,高級車が次々にやってきて見ているだけで楽しめます.

皆さんで食事をして,ダラダラしゃべって,緩やかに現地解散!!楽しかったです.
次回はもう少し遠出,泊りありの企画でも良いですね.年間複数回,定期的に開催お願いします.(って幹事さん,就職先広島かぁ~)


遡って投稿
KANEKO

2019研究室ハロウィンパーティー

10月31日,ハロウィン🎃
何かと理由を付けて『お食事会』で親交を深め合う.
今回は今年度ゼミ生初参加です.早く研究室に慣れてもらいましょう.

真面目にちゃんと仮装の用意をしてくるのですね...
なぜか,自己紹介で乗ってる車,バイクを言わなきゃいけない事になってるのは研究室柄?
長い時間楽しい時間を過ごしました.

遡って投稿
KANEKO


TOKYO MOTOR SHOW2019 招待参加

Tokyo Motor Show
オフィシャルデー(招待者)10月24日(木) 13:30〜
『祝賀レセプション』招待状が来たので出席してきました.仕事です!!
胸に花を付けられて,ちょっと気恥ずかしい.レセプションには業界,政界などお偉方が大勢いました.

私は基本的に市販に近いような車よりもコンセプトカーが好きです.自動車の未来を夢見たいのです.結構細部まで作り込んでますから,制御,機構,操作系などメーカーがどのような将来を描いているのか気になります.
各社からコンセプトが出ているパーソナルモビリティも気になりますね.ヤマハLMW,かなり細かく見てきました.

大学時代、研究室の後輩と久しぶりの再開。
とても立派な仕事、ポジションを担っていて誇らしいです!!
『愛されるシート』造ってるそうです。
私もいろいろシートに対してアイデアがあります.いつかコラボ研究できるといいですね.

今日の戦利品🚙🚘🚚
ミニカの限定品は一般公開日にはなかなか買えないので良かったです🥰。

遡って投稿
KANEKO

2019年度卒業研究中間発表会

9月20日,この時期恒例,卒業研究の中間発表会を気分を変えて,
大阪駅前第3ビル,19階にある本学梅田サテライトキャンパスで行いました.
卒業研究の期間,早くも折り返し.具体的な内容が求められます.
発表テーマは以下

①リーン機構を有するパーソナルモビリティビークル(PMV)の緊急回避性能に関する研究
②AHP(階層分析法)においてリスクポテンシャル評価を用いた合流部意思決定アルゴリズムの開発
③混合交通下での調和を保証する自律走行車両の制御目標に関する研究
④タイヤ摩耗特性を考慮したラップタイムシミュレーションによるタイヤ特性CAE環境の構築
⑤トレーラ輪のアクティブ制御による大型特殊トレーラの追従性向上と自律走行化に関する研究
⑥自動二輪車のライディングシミュレータの現実感向上に関する研究

発表後は折角の都会.梅田界隈で楽しく『お食事会』をして親睦を深めました.

遡って投稿
KANEKO


2018年度OB・OG会

4月29日(日) 14:00~
大阪産業大学15号館1階実験室にて『自動車性能・特性研究室』
ゴールデンウィーク恒例のOB・OG会が開催されました.
毎年日程に悩みます.大阪など地方の大学の難しいところです.
連休で地元に帰ってくるのを予想して開催しています.
毎年参加してくれるOB・OG,久々に会えたOB・OGなど,いろいろ盛り上がりました.
また,松浦先生も相変わらずお元気で今年も参加していただけました.
現役生の多くも参加し,OB達と交流もありました.
IMG_1242.jpg
天気も良く.途中からオープンテラス(風)で・・・.
IMG_1244.jpg
会の終了後でしたが,相変わらずのマニアックな車で寄ってくれたOB.
次回は昼間から参加お願いします.
IMG_1256.jpg
今年は若干人数が少なめのでしたが,毎年どおり楽しい時間を過ごす事ができました.
毎年ほぼこの時期に開催しています.今年参加できなかったメンバー,まだ卒業後参加したことが無い皆さんも次回は是非同期や先輩,後輩など声を掛け合って参加してもらえたら嬉しいです.
最後に,毎年段どりをお願いしているOB会長の北澤先生ありがとうございました.

2018年度:研究室第1回懇親会BBQ

2018年4月20日(金)本年度の研究室飲み会第1弾BBQでした.天気は最高です.
ここ数年初回はBBQが続いてます.就職戦線真っただ中ということもあり,夕方の開始時間には人もまばらでまったりとした雰囲気から始まりました.本年度の飲み会幹事も来ません.
IMG_1141.jpg
IMG_1143.jpg
このまままったりと収束するのかと思われましたが,就活,講義終わりの学生が集まりだし,飲み会幹事登場.
ここから会が盛り上がってきました.幹事さん曰く,BBQと決まった時に頭に浮かんだとかで,竹でコメを炊くのだと(まったく経験は無し,情報はネット),前日にはかなり太い立派な竹(加工済み)と実家のブランド米(らしい)が用意してあった.
唯一の経験者である北澤先生は途中用事で居なくなり不安になりましたが,竹をコンロにのせてしばらくすると炎が舞い上がり,皆のテンションも上がってきました.
IMG_1146.jpg
真剣に様子を見る飲み会幹事N氏.
IMG_1155.jpg
期待と不安の蒸らしの時間.
IMG_1160.jpg
ちゃんとできるものです.竹の風味がしっかりコメに移りとても美味しく炊けました.
最後のデザートは,私の好物イチゴ登場.
IMG_1164.jpg
IMG_1166.JPG
思いのほか最後は盛り上がった第1回飲み会,今年度の楽しい研究室活動が期待されます.
KANEKO