2019年度関西学自研第36回卒研発表会

3月22日(土)近畿大学 東大阪キャンパス 3号館にて
自動車技術会 関西支部 学生自動車研究会卒業研究発表会でした.
本研究室も例年通り卒業研究生が参加,研究発表を行いました.
本講演会,関西圏の自動車研究関連の研究室が参加しています.関西有数の大学,研究室に交じり以下の講演発表を行いました.

セッションS42 制御(1)にて
49 リスクポテンシャルドライバモデルを用いた自律走行車両の制御目標生成アルゴリズムの開発ー環境情報と運転行動データを用いたポテンシャルパラメータ推定ー
佐藤繁樹

50 AHP(階層分析法)においてリスクポテンシャル評価を用いた合流部意思決定アルゴリズムの開発
山中真之

51 超大型特殊トレーラのアクティブ操舵による走行軌跡制御を用いた運転支援に関する研究
浅見相馬

セッション S12 数値解析(2)にて
10 モータースポーツ環境でのタイヤ特性最適化CAE手法に関する研究
川北眞也

セッションS42 制御(2)にて
56 旋回リーン機構を有するパーソナルモビリティビークルの緊急回避性能評価
佐伯展宇
57 自動二輪車の運転行動計測用ライディングシミュレータの現実感向上に関する研究
佐藤祐介

これまで真剣に研究に励んできた証拠でしょう.良い発表をしようとかなり緊張していました.講演会後は全員懇親会にも参加, お互いを労いました.

とりあえず卒業研究に関する行事もこれで終了.あとは国家試験,就職,進学とそれぞれの準備に進んでいきます.お疲れさまでした.

「自動車技術に関するCAEフォーラム2020 in 東京」

2月4日(火)5日(水)東京,御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて,
「自動車技術に関するCAEフォーラム2020 in 東京」に参加してきました.
主催の日本大学自動車工学リサーチセンター,共催の名古屋大学,未来社会創造機構 モビリティ領域、共に客員メンバーでしたが,今回初参加.
ちゃっかり講演者,プログラム委員の予約席でいくつかの公演を聴講してきました.

一日目最後のパネルディスカッション,テーマは
「自動車開発において次世代技術は実用できるのか?~VR(仮想現実)/AR(拡張現実)/MR(複合現実)の課題と可能性~」
以前からずっと私の興味のある分野(ある意味こちらをなぜ専門にしなかったのか...)で,いよいよ研究として動き出そうとしている分野で,興味深く聞くことができました.
パネリストは実務者中心でしたので意外と保守的だったような印象です.もっと尖った話,ビジョンが聞きたいですね.

をほか,CAE関係は私の研究室でも多くのツールを使用しています.特に2日目午前中のIPG Automotiveの小林氏の講演は,ここ最近研究室でメインツールとなっている車両運動シミュレーションソフトCarMakerの最新機能を活用したバーチャル・テスト・ドライビングに関するもので,興味深いものでした.自動運転関係の一連のアルゴリズム開発がバーチャル上で完結できるのは,大学研究室でもチャンスありと感じました.
ほか,展示会場で情報収集.懇親会なども参加し,研究者間の交流を深めました.

原口哲之理先生博士論文公聴会と二輪車計測器視察

令和2年1月30日(木)14:40〜
日本大学生産工学部にて原口哲之理先生の博士論文公聴会に出席してきました.
原口先生とはここ数年パーソナルモビリティの研究ほか,何かと高頻度でお世話になっています.
また,今回が景山研究室からの最後の博士になるのかと思います.
公聴会は滞りなく,成功裡に終わりました.質疑では専門性が高いので私も参加させていただきました.

その後,恩師である景山一郎教授の研究室より,二輪車関係の計測器や車体などを移管していただく予定なので,運搬計画などのために視察です.
特に前後ホイール内蔵の6分力計はかなり貴重なもの.有効活用したいと思っています.
ほか,停止時に自立可能な改造済みのトリシティや前二輪のトライク,ファルコンなどもありますが,いろいろ状況の変化もあり,一旦保留です.
恩師の退官にむけた準備,寂しい気持ちになります.