Padova大とのミーティング

国際会議BMD2019の終了翌日は,国内某メーカーの提案で今回のホストPadova大学の二輪関係研究室の見学とライディングシミュレータについての意見交換ミーティングを行いました.日本からは産学から二輪車の研究者数名が参加しました.

昼間に待ち合わせをして,軽く挨拶とランチに出かけようとしたところ...真っ赤なビンテージMoto Guzziが派手な音で近づいてきた.
なんと二輪車の大家Prof. Cossalter (コッサルタ先生)登場!!もう既にリタイヤして今回の会議中に顔を見れなかったが,今回のミーティングのために来ていただけた.かっこいい!!

ランチ後,またキックでエンジンを軽くかけ,颯爽と走り去っていきました.イタリア人だなぁ.
その後,研究施設の見学,主にライディングシミュレータに関するディスカッションと充実した時間を過ごしました.話を聞いているうちに我々の研究室のシミュレータに関するアイデアも浮かび有意義でした.

遡って投稿
KANEKO

BMD2019 in Padova, Italy

9月 9日~11日イタリアのヴェネツィアに近い都市パドヴァにて,
二輪車両の運動力学に関する国際会議BMD2019(Bicycle & Motorcycle Dynamics),に参加,連名で論文発表をしてきました.

発表タイトルは以下.

Study of Personal Mobility Vehicle (PMV) with active inward tilting mechanism on obstacle avoidance and on energy efficiency
T. Haraguchi, I. Kageyama, T. Kaneko

Study on Evaluation of Personal Mobility Vehicle with Leaning Behavior using Driver Model
Meiko MATSUDA , Ichiro KAGEYAMA, Yukiyo KURIYAGAWA , Tetsunori HARAGUCHI, Tetsuya KANEKO,  Masanori KOBAYASHI, Tetsuya MURAYAMA

何れもパーソナルモビリティ(PMV)の開発プロジェクトに関する研究成果です.
本会議,モータサイクル,自転車を中心としていますが,我々の車両は2輪車のように傾いて旋回し,車のようにステアもする.というのでこの会議でも一勢力となりつつあります.

自動車と比較して,この分野は研究者が少ない分,この会議では密度の濃いディスカッションが交わされました.

バンケットはバスをチャーターしてヴェネツィアの手前陸まで,そこから少人数グループ毎に水上タクシーで景色を堪能しながら島に渡り,内部のレストランで行われました.ランチ,ディナー何れもさすが美味しかったです.地中海性気候,海の周りでもジメジメしないで気持ちいですね.
また,会議終了後はボルゴ・パニガーレにあるDUCATIのファクトリーと博物館見学などなど,イベントも満足な国際会議でした.

遡って投稿
KANEKO

デルフト工科大学 Prof. Schwabを訪問

国際会議ROAD2019終了翌日は少し西へ移動し,事前にアポイントを取っていたデルフト工科大学のProf. Schwabの研究室を訪問.自転車研究のパイオニアです.

リタイヤの近いSchwab先生の研究室に来れるのは最後かもしれない。とても良い体験、意見交換ができました。自転車🚲の研究、面白いですね。
その後9月、イタリアPadovaで国際会議BMD2019で再会しました。

遡って投稿
KANEKO

ROAD2018 in Helmond, Netherlands

Roundtable for the Purpose of Autonomous Driving (ROAD) is an international conference discussing issues related to autonomous driving and advanced driving-assist technologies.
いわゆる,『自動運転技術,ADAS』の真の目的,利益をラウンドテーブル形式で深い議論をする国際会議ROAD.今年は7月1日~3日オランダ,ヘルモント,High Tech Automotive Campusにて開催され.2年前ROAD2017 名古屋,昨年ROAD2018 アメリカ,ミシシッピ州立大学(MSU)に続き3回目の参加です.

前夜はDAF(CVTを発明した会社)の博物館でカジュアルなウェルカムパーティでした.

基調講演と少人数(モデレータと5~8名)に分かれた部屋での2日間合計5ラウンドのディスカッションが行われました.正直英語の長いディスカッションはタフな時間ですが(もっとたくさん言いたいことがあって悔しい),有意義な意見交換ができました.

遡って投稿
KANEKO